勉強法・学習法

チョコレートに含まれる4つの成分で仕事や勉強がはかどる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
チョコレート 勉強法

「頭が良くなる」、「脳が活性化される」、「集中力が高まる」として噂のチョコレート。
特に受験生の勉強・暗記・試験の強い味方として知られています。
本日はチョコレートを食べると良い理由、効果の高まりやおすすめの食べるタイミング等をお伝えします。

主に4つの成分が脳に効くとされます。

●①ブドウ糖が脳に効く

それはまるでガソリンのような役割です。
チョコレートに多く含まれるブドウ糖は脳というエンジンに対するガソリンの役割を果たしますが、実はこれが脳にとって唯一のエネルギー源となります。
人間の脳は、どの臓器よりもエネルギー消費量が多い臓器です。
短時間でブドウ糖を供給したければ、チョコレートほど早い話はないという訳です。

●②テオブロミンが脳に効く

集中力・記憶力・思考力が高まります。
カフェイン同様、興奮作用があると言われますが、カフェインに比べて、緩やかに効力が発揮されます。

●③香気成分が脳に効く

脳がリラックスします。
フェニルアルデヒド、ジメチルピラジン、フェニルメチルヘキサナールといった、チョコレートに含まれる特融の香気成分が脳をリラックスさせてくれます。

●④ビタミン・ミネラルが脳に効く

チョコレートには脳の代謝を高めるビタミンEやナイアシン等のビタミン類、カルシウム、マグネシウム、亜鉛、リン等のミネラル類が含まれています。

●どのように食べれば良いのか?

チョコレートを食べると、食後1時間で血糖値や抗酸化作用のピークを迎え、2時間後には徐々に下がっていきます。
なので、チョコレートを食べるタイミングは、集中したい「直前」が効果的です。
また、1回で食べる量は板チョコの4分の1から2分の1程度が目安です。

もちろんチョコレートだけに甘い話だけ、という訳ではありません。
過剰に食べ過ぎると、カロリーを取り過ぎることになり健康にも悪影響をもたらします。
また、空腹時に多量に食べると、体質によっては逆に低血糖となり、気分が悪くなることもあります。

 

最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
page-ad