雑学

ダイエットを成功させる鍵は「脳」だった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
ダイエット 脳

ダイエットにチャレンジしても、思うように痩せなかったり、痩せてもリバウンドしてしまった方も多いのではないでしょうか?
そういった失敗の原因は脳にあるかもしれません。

特に食欲をつかさどる神経は脳と密接な関係にあります。
ダイエットに効果的な食べ物を探し出すことに楽しみを見いだせるようになることが、ダイエット脳を作る第一歩です。
食べる事で、ストレス解消をしようとする人がいます。
それを続けて習慣化すると、食欲をコントロールできなくなります。
それが「太る脳」の正体です。

「痩せる脳」を作るにはセロトニンを増やすことがポイントです。
幸福ホルモンと言われているセロトニンの分泌が増えれば、辛いダイエットも苦に感じなくなります。

①適度な運動

ランニングやウォーキングなどの適度な運動は脳を刺激し、セロトニンの分泌を促します。
時々15分程度の散歩をする程度なら実践し易いと思います。

②満腹中枢を刺激するモノを食べる

脳が満腹だと感じてしまう食べ物を食べることがポイントです。
咀嚼の回数が多い食べ物は比較的に満腹中枢の刺激になります。
咀嚼の回数が増えることで唾液の分泌を促し、消化を助けて胃腸に与える負担を軽減させることもできます。

③リラックスできる環境を作る

没頭できる趣味、日光を浴びる等、体と心をリラックスできる環境づくりが大切です。
セロトニンは睡眠中に分泌されず、日光を浴びることで身体を覚醒させ、分泌されます。

いかがでしたでしょうか?
日常のちょっとしたことが「痩せる脳」につながります。
ダイエットを考えている方は、そういったことから始めてはいかがでしょうか?

 

最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
page-ad