勉強法・学習法

勉強や仕事をゲームのように乗り越える9つのコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
ゲーム 勉強法

ゲーム化勉強法とは、勉強にゲームの要素を取り入れて、勉強を面白くする方法です。
最近、ビジネスや経営の分野では、「ゲーミフィケーション」が注目されています。
これは、仕事にゲームの要素を取り入れて、楽しく仕事をするための手法です。

●なぜゲームはハマってしまうのか?

その要素を簡単に挙げると、以下の要素が挙げられます。
・ゲームには、目的と目標がある。
・ゲームには、ルールがある。
・ゲームには、小さな達成感をいくつもある。
・ゲームには、報酬がある。
・ゲームには、ストーリーがある。
・ゲームには、ルールがある。(これはゲームであることの前提であると同時に、ルールという縛りの中でいかにプレイするかということが面白さを増します。)

ここで1つ例を挙げます。
ラスボスを倒すのに必要なレベルを1年間で100と設定します。
1年間でレベル100に達するために、学校の定期試験毎に“レベル100÷定期試験年間6回”で約17レベルずつ上げていかないと、中ボスにも勝てないと考えましょう。
経験値は、例えば英単語の暗記20個で10ポイント、苦手科目の問題を1問解くと50ポイントのように、自分の難易度によって設定します。
全強化のレベルが同じになって初めて自分の総合レベルがUPするルールとするものです。

●ゲーム化する9つのコツ

①「何のために勉強をするのか?」を明確にする。
②日付をつける。
③「目的を達成したらどうなるか?」まで想像する。
④ゲーム化したいことを数値化する。
⑤時間制限を設けて計測する。
⑥クリアした時の報酬を設定する。
⑦友達と競う。
⑧実力を記録、視覚化する。
⑨イベントを作る。

これは、個人的にもなかなか面白いと思います。
やり過ぎに注意しましょう。

最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
page-ad