雑学

読めば納得、脳の男女差

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
男女差

体の作りが違えば、心の働きも違って当然、と考えればパートナーとより良い関係が築けるのではないでしょうか?

●脳神経の動きを可視化することに成功!?

男性は左右の脳をそれぞれ使って、脳の前後を接続するネットワークが形成されています。
女性は脳梁を中心に、右脳と左脳をつなぐネットワークが濃く形成されています。
男性は女性ほど右脳と左脳の連携が上手くできていませんので、周囲の変化に鈍感です。
感じたことが自分の意識へ上手く伝わらないので、男性脳には女性の考える気持ちが認識しづらい構造になっているのです。

●男性脳はシングルタスク

男性脳は、主に1つのことにしか集中できません(笑)
女性脳は、頭の中で複数の物事を同時に考えることができます。
ただし、マルチタスク型の女性脳は疲れやすく、より休息と睡眠を必要とします。
女性脳は酷使されると鬱や苛立ちの原因にもなります。

●ストレス解消法の違い

男性はストレスを感じると、怒りに反応しやすい右側の扁桃体が活発になるため、運動をして発散させたり1人になりたがる傾向があります。
女性はストレスを感じると、感情に反応する左の扁桃体が活発になるため、女友達とお喋りに講じる傾向があります。
また、解決できないことについて、男性は忘れようとしますが、女性は全部吐き出すことで整理しようとします。

●得意なこと

男性脳は理論的に考える傾向があるため、感情の損得を後回しにして合理的に考えることができます。
また、空間認知能力に優れ、更に運動能力も優れていると言われます。
女性脳は洞察力に優れ、男性では考えつかない解決策を見出す時があります。
また、言語記憶力や社会的認知力に優れていると言われます。

●記念日を忘れるのは男性脳のせい!?

男性は女性よりも記憶力が悪く、名前や日にちを覚えられないことが判明しています。
女性が大切にする「人とのつながり」は男性にとって大事な情報ではないので、誕生日や記念日は忘れがちです。

 

このように、体は心と密接につながっているため、物事の感じ方も違います。
問題を対処する際、お互いの意見が一致しなかった時には、自己主張は後にして相手の言い分をまず聞いてみましょう。

 

最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
page-ad