思考力、発想法

6つの行動で鍛える直観力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
直観力

人生は決断の連続ですが、直観を頼りに決断するケースも少なくありません。
ここで言う直観とは、ただの勘ではなく、自分の脳に蓄積された経験や情報から導き出された判断を言います。
成功者と言われる人程この直観力が優れていることが多いので鍛えたいですね。

●直観を信じるべき理由
写真を見た時に、笑顔が本物かどうかをある程度判断することができると思います。
それは、これまでの経験で「カメラ用の笑顔」や「作り笑い」を知っているからです。
こういった現象を「暗黙の学習」とも呼びます。
これは、何かをきっかけに偶然呼び起こされるものです。
経験値の高い人が、より物事を敏感に察知できるのは、そもそもこの暗黙の学習によるデータがあるから、とも言えます。

以下に直観力の鍛え方をお教えします。

●直観力の最大の敵は人目を気にすること

本当はAの方が良いと思っているのに、「皆がBを選ぶから」等、他人を基準に判断がブレてしまうことがあります。
これでは直観力が鍛えられることはありません。

●早めの決断を心掛ける

熟考して答えを出すことも必要ですが、これは直観ではありません。
早々に決断することは不安ですが、経験が直観力を鍛えてくれてるはずなので、時には早めに決断しているのも良いと思います。

●あえて新しいことにチャレンジする

直観力は過去の経験から引き出されるものなので、鍛えるために自ら新しいこと、やったことのないことを探し、インプットしていく作業が必要です。

●瞑想する

スティーブ・ジョブズやクリント・イーストウッド等も実践していました。
難しく考えず、自分がリラックスでいる体勢で脳をリセットすることでインプット情報を整理し、直観力を鍛えることができます。

●自問自答する

大事な決断をする時や、大事な事を言わなくてはならない時、30秒程時間を取って自分自身に問いましょう。
「これは正しいのか?」と。
自分の中の内なる力、あるいは高次の力に、難しい問題を委ね、一瞬だけでも自分へのプレッシャーを無くしてみましょう。

●メッセージの現れ方を知っておく

インスピレーションがどのように現れるかも知っておくと良いです。
それを参考材料として自分の受け入れ態勢を広く柔軟にしておくことができます。
よくあるのが、ふと目に着く、耳に聞こえた言葉にいつもと違う印象を感じることがあれば、それは小さなインスピレーションです。

 

鍛え方については以上です。
とにかく繰り返し積み重ねてきた「頭の筋トレ」によって、脳に幾多の経験が蓄積されていきます。
そのベースがあるからこそ、蓄積された経験の中から最適な答えを瞬時にピックアップする(=直観を得る)ことができるのです。

 

最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
page-ad