勉強法・学習法

声に出して読む勉強法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
声に出す

 

やり方は簡単です。
覚えたいと思うことを、声に出して読むだけです。

五感を使うと脳に深く印象を刻むことができ、暗記がしやすくなります。

心理学系専門誌「Psychology Today」では、「Journal of Experimental Psychology:Learning, Memory, and Cognition(2010年10月号)」に掲載されている、「Colin MacLeod氏」らの研究レポートを引用し、声に出して読むことが記憶力アップにつながると述べています。

注意すべきことは、「全部声に出して読むと、全部黙読するのと同じくらい、記憶に残らない」ことです。

記憶を助けるポイントは、「他のものと区別する」です。

また、周囲の環境と人の目には気を付けてください。
ささやきレベルでも効果はあります。

例外として、人前で恥ずかしい思いをしたという記憶(エピソード記憶)が、長期記憶として残ることがあります。
よって、「あえて人前でやる」のも実はありかもしれません。

閲覧いただきありがとうございます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
page-ad