勉強法・学習法

メモリーツリーを用いた勉強法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
メモリーツリー

メモリーツリー(記憶術)とは、「ひとつのことについて派生する、関係するキーワードをどんどん書き出していき覚えていく(記憶術)」のことです。

メモリーツリーとは?

コミック「ドラゴン桜(三田紀房)」でも紹介されたことで一躍有名になりました。

主に歴史・地理等の社会系の科目で実力を発揮する記憶術です。

例えば、小田信長をキーワードにすると、桶狭間の戦い、姉川の戦い、楽市楽座、豊臣秀吉、本能寺の変、前田利家、オランダ、種子島、鉄砲、お茶好き、敦盛の舞…など数々のキーワードが出ますが、これを書き出して関連するキーワードごとに線で結びます。

この時、織田信長が軸になる木のような形となるため、メモリーツリー記憶術と呼ばれます。

メモリーツリーの作り方

方法は、紙の中央にキーワードをおいて、そこから関連する派生語を次々に書く。
派生語から派生語が発生する場合はそれも連ねて書きましょう。

派生語同士が繋がる場合はそれも線で繋げる。何度も繋がった語は重要な語句であるから、マーカーで印をつけると良いです。
こうして放射的思考をすると、自分が今どれだけ記憶できているかが非常に分かりやすくなります。

最後まで閲覧いただき、ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
page-ad