勉強場所、学習環境

勉強にBGMはあった方が良い?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
BGM 勉強法

「音楽を聴きながらでは勉強にならない」と言われませんでしたか?
本日はBGMと勉強の関係をご紹介いたします。

●BGMのメリット

メリット① 勉強を楽しい作業に変える

楽しい、心地良い音楽を聴くことで嫌で辛い勉強を少しでも軽減できます。
特に勉強の導入は1番「やる気とエネルギー」が必要です。
音楽が勉強効率を上げるという研究成果は既に出ており、仕事場でBGMとして音楽を流す会社も増えています。
ちなみにその内容はクラシック、アニメソング、JPOP、演歌、クリスマスソング等様々です。

メリット② 疲れ難く、集中力が長く保てる

反復作業に対しては特に効果が期待できます。繰り返しの勉強は退屈になり、眠くなる可能性があります。
そのような場合はアップビートでノリノリな曲を選ぶと良いです。

メリット③ 話し声など雑音をシャットアウト

マクドナルドやスターバックスのようなカフェの方が勉強できるという経験ありませんか?
適度なら良いですが、雑音になるような不快な場合、好きな音楽を聴いて雑音をシャットアウトするのも有効です。

●BGMのデメリット

デメリット① 音楽に気が散って集中できない

勉強にもよりますが、「暗記系」には音楽はかなり不向きです。
特に歌詞があるような曲は集中し辛くなります。

デメリット② 自分の声が聴こえないので能率が落ちる

暗記ものの時は音楽ではなく、リスニングCDを聴くようにしましょう。

 

最後に、ギアを上げるために音楽を用いるのは有効ですが、「音楽が無いと集中できない」となると問題です。
当然ですが、試験当日はBGMが存在しないからです。
また、実際に聴く音楽の種類は落ち着いたクラシックや静かな雰囲気のジャズ等が無難です。
こういった音楽はα波の発生を促し、集中力だけでなく、記憶力も高める効果があります。

最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
page-ad