ノート術、メモ術

学習を強化する6つの手順~コーネル式ノート術~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
コーネル式ノート 勉強法

今回は主に大学生の方にお勧めしたい「ノートの使い方」についてです。

コーネル式ノートとは、アメリカニューヨーク州のコーネル大学の在学生のために、Walter Paukが1989年に考案したノート術です。
特徴的なノートのレイアウトと、学習を強化させる6つの手順からなります。

●コーネル式ノート術

先ずはノートを3つの領域に分けましょう。
「ノート(Notes)」、「キュー(Cues)」、「サマリー(Summary)」の3つの領域に分けます。
ノートは「授業後」、キューとサマリーは「授業後」に書きます。

①記録

講義の内容はノート欄に記録します。
教員の発言を全て記録する必要はなく、不必要な内容は省いて、できるだけ簡潔に記録しましょう。

②要約と質疑

講義後、ノート欄を読んで、キュー欄に、「重要な事柄をキーワードに要約」、「質問を作成」、「要点の図解」等を記入します。
キューの欄を読み返した時、ノートの内容が出てくるようなヒントにしましょう。

③暗唱

講義内容を学習・暗記するために暗唱します。
ノート欄を隠してキュー欄だけを見ながら、自分の言葉で考えをまとめましょう。

④内省・自問自答による熟考

講義内容について、「既知の知識とどのように関連しているのか?」、「どう応用できるだろか?」、「何が重要なのか?」等と自問自答により、他の知識との関連を模索して学習しましょう。

⑤復習

学習したことを忘れないために、何回もノートを見返して復習し、自問自答しましょう。
学習効果を高めるためには、テスト直前に復習するのではなく、毎晩あるいは毎週といった定期的に暗唱、復習しましょう。

⑥要点を繰り返す

サマリー欄にノート欄の要約・要旨を記入します。
要点を繰り返すとは、記載した内容を再度書き直すことではありません。重要な部分、あるいは記憶しなければならないポイントを、自分の言葉で記載し直すことです。
テスト直前にサマリー欄を読み返しましょう。

 

以上がコーネル式ノート術の使い方になります。

最後まで閲覧していただき、ありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
page-ad